助産師の役割

助産師の役割


助産師の役割は、妊婦や産婦、新生児に対する保健指導、出産時の助産行為などとなっています。しかし、助産師の役割は、それだけではありません。妊娠期間中の妊婦の不安や出産に対する恐怖心などを取り除くためにさまざまなアドバイスをしたり、不安を軽減させるための対応などが任されています。他にも、母親教室の開催や父親への育児参加などに関する指導、果ては家族計画にまでその指導は及んでいきます。

このように、 助産師の役割というのは、単に助産行為だけではなく、妊娠および出産に関わる全ての事に及んでいると言っても過言ではないのです。もちろん、出産後の体だけでなく心のケアまで行っている助産師も少なくありません。妊婦や産婦にとっては、看護師よりも身近な存在であるのが、助産師なのです。このように、助産師は、妊産婦にとっては、母親のように頼れる存在であるのです。

もっとも、最近では自身が出産経験をしていないという若い世代の助産師が急増しており、「母親のような頼れる存在」というには無理があるかもしれません。ですが、助産師として活躍する以上、それだけの知識と経験を持っているはずですので、安心して任せる事ができるでしょう。

このような、妊産婦を安心させる役割、より自然に近い出産を実現するためにさまざまな手助けを行うといった役割を担っている助産師に、なりたいと思っている人や、もうすでに助産師として活躍しているけれど転職を考えているという人には、転職サービスがお勧めです。病院勤務などの助産師の場合には、そのほとんどが医師の補助的役割しか任されておらず、やりがいのなさに嘆いていると言われています。自身の手でも新生児を取り上げる事ができるはずの助産師でありながら、その全てを医師が行い、助産師は雑務ばかりといった事が現実には起こっているのです。

こうした事から、転職を考えている助産師などは、転職サービスを利用すると希望に合った転職先が見つかりやすいと言えます。助産師は、看護師のような「医師の補助的役割」を担う人たちではないのです。自らが主体的に出産に立会い、助産行為を行うというのが助産師の本来の姿です。こうした、本来の姿・本来の役割を取り戻すためにも、転職サービスを利用して、活躍の場を手に入れましょう。また、これから助産師として就職使用としている人も、助産師としての本来の役割が果たせるような職場を、転職サービスで見つけてもらうようにしてください。

助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

看護roo 無料 首都圏・関西・東海 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★


>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】 All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集・求人サイト 就職活動 面接 志望動機
辞めたい時 [働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律