助産師国家試験について

助産師国家試験について

助産師国家試験とは、助産師になるために受験する国家試験の事を指しており、この助産師国家試験に合格すると、厚生労働大臣の免許を取得する事ができるとされています。助産師国家試験は毎年2月下旬頃に実施されており、合格発表は翌月の3月下旬頃となっています。

受験資格は、看護師国家試験に合格した者または、看護師国家試験受験資格を有する者で、@文部科学大臣指定の学校において6ヶ月以上にわたり助産に関する教育を受け、修了した者。A厚生労働大臣指定の助産師養成所を卒業した者。B外国において看護師学校を卒業し、看護師免許を取得した者のうち厚生労働大臣がその知識と技術を@Aと同等だと認めた者。のいずれかに該当する事としています。

また、助産師国家試験の試験科目は、@基礎助産学A助産診断および技術学B地域母子保健C助産管理の4科目となっており、総合して6割以上正解していなければ不合格となってしまうようです。助産師国家試験の合格率は年々上昇傾向にあり、近年では80パーセントから90パーセントという高い確率で合格者が出ています。ただ、出題傾向としては、年々難しくなっていっているという説もありますので、あまり軽視はできないようです。

このように、さまざまな過程を経て助産師の資格を取得しても、就職先がスムーズに見つかるかどうかは、別の問題となってしまうのが現状です。新人助産師の場合には特に、求人情報の詳細な見方がわからなかったりするために、満足の行く就職ができない事も予測されるのです。一見、目を引くような高待遇や高給与などにつられて就職してみたものの、実際には仕事が非常にハードであったり、休みもろくに取れない職場であったという事も、少なくはないのです。

さらに、イジメがひどくて離職率が非常に高い職場だったというような事も残念ながらよくある話なのです。最初からそれでは、夢も無残に打ち砕かれてしまいますので、そういった事を回避するためには転職サービスを利用して就職先を見つけるというのが安全策であると言えそうです。

転職サービスとは、ナースフルのようなところの行っている転職支援の事を言うのですが、こうした転職サービスでは、希望条件に合った職場を見つけてくれますし、強力なサポートが受けられますので、非常に効率的に就職先を見つける事ができてしまうのです。さらに、一般求人サイトに多い「未経験者不可」も、転職サービスならほとんどないのです。

助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

看護roo 無料 首都圏・関西・東海 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

助産師の人口

日本には助産師はいったいどのくらい存在するのでしょうか。平成20年のデータでは助産師人口は27,789名でした。ちなみに産婦人科・産科医師の人口は10,389名でした。出産時期にある女性、15歳?49歳の女性の日本における人口は、約2,740万人ですから、出産時期にある女性のおよそ1,000人に一人の割合で助産師さんがいるということになります。助産師免許を取得していても助産師として活動されていない方を加味すると、より少ない数字になります。

助産師国家試験の合格者は、毎年1,500?1,700名あたりで推移しています。出生率が低下し、出産の機会が減少しているとはいえ、助産師の活用、たとえば助産院で出産、自宅出産など出産のスタイルが多様化している現代では、まだまだ助産師の人数は不足していると考えてよいでしょう。

助産師国家試験の合格率は90%程となっていますから、助産師国家試験を受験するかたのほとんどは合格することができています。しかし助産師養成学校に入学するのが非常に難関となっています。助産師学校に入学し助産師を目指したいという女性は数多く存在します。しかし助産師に必用な専門教育と技術実習をおこなう教育機関が少ないということと、一度に受け入れる生徒数が少ないことがあります。

助産師に必用な知識と技術を習得させようとすると、現在の受け入れ規模になってしまうということがあるのかと推測されます。助産師の役割と仕事内容を考えると、人間すなわち生命の誕生に向き合うために必用な高度な専門知識を習得するには、難関にパスした精鋭である必用があるのかとも推測されます。とにかく助産師は生命誕生のエキスパートであるということなのでしょう。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】 All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集・求人サイト 就職活動 面接 志望動機
辞めたい時 [働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律