看護師と助産師の違い

看護師と助産師の違い


看護師と助産師の違いは、さまざまなところに見られます。看護師の場合には、患者の病気や怪我の治療のための看護を主としており、身のまわりの世話や介助などを行っています。また、患者だけでなく患者の家族ともコミュニケーションをはかる必要があるなど、非常に多くの人たちと関わる事があり、さらにどちらかというと「死」に多く関わる仕事だと言えます。

これに対して助産師は、妊産婦や新生児に対する保健指導や助産行為が主となっており、「生」に深く関わる仕事であると言えます。もちろん、看護師の仕事が常に「死」にばかり関わりがあるかと言うとそうではありませんし、助産師の仕事が常に「生」に関わる仕事かというと、それもそうではありません。

看護師と助産師の違いは、仕事内容だけでなく、その役割も対象も異なっており、目的も異なっているのです。また、産科などでは助産師も看護師も勤務していますが、助産師の行う事ができる「助産行為」は、看護師には許されていません。これは法律に定められているもので、助産行為を行う事ができるのは、現在のところ医師と助産師のみに限定されているのです。

ですから、産科での内診などは、助産師か医師でなければ行う事はできず、看護師がこれを行えば法律によって罰せられる事になるのです。病院などでは、看護師と助産師の区別が付かない事も多いかもしれませんが、こうした違いがあるとわかれば、見方も少し違ってくるかもしれません。

ただ、実際には、病院内での助産師の役割は、ほとんど看護師と変わらず、助産師としての本来の業務を十分に行えている助産師は、ほんのわずかだと言われているのです。これは、助産師と医師との立場の対立などが背景にあるためだと言われており、こうした事が原因となって、やりがいを失った助産師はみな、辞めて行ってしまうと言います。

このように、高い志を持って助産師となった人たちが、十分にその役割を果たす事のできる環境が整っていないという現実があり、こうした助産師たちは転職あるいは退職と言った形で、その現場を離れていくのだそうです。

もし今、転職を考えている助産師がいたら、迷う事なく転職サービスを利用する事をお勧めします。転職サービスでは、やりがいのある職場、助産師として本来の姿を取り戻す事のできる職場が、多数用意されているのです。助産師になったのに看護師時代と変わらない業務を任されているなら、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。

助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

看護roo 無料 首都圏・関西・東海 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★


>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】 All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集・求人サイト 就職活動 面接 志望動機
辞めたい時 [働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律