保健師と助産師の違い

保健師と助産師の違い


保健師と助産師の違いは、保健師助産師看護師法にも明記されている通りで、その役割や仕事内容などが大きく異なっています。保健師の本来の業務は、地域住民など全般に対する予防といった観点からの保健指導などの事務的作業が主となっており、勤務先も役所や保健所、学校や企業などさまざまなところがあるようです。

これに対して助産師は、助産行為をはじめ、妊産婦や新生児に対する保健指導やケアなどが主となっており、主に出産などに深く関わる事とされています。このように、保健師は地域社会や企業内など、比較的広範囲の人たちに対して健康管理や予防医学的な立場からの保健指導を行っているのですが、助産師は限られた範囲の人たちに限定して保健指導を行っているなど、目的も役割も、その対象も全てが異なっていると言えるのです。

しかし、保健師も助産師も、いずれも国家資格となっていますので、その資格取得までには多くの教育を受け、幅広い知識と技術を身につけて来た人たちであると言えます。また、保健師も助産師も、看護師よりも立場的には若干上にあるためか、これらの職業が看護師の目指す先にある場合が多く、看護師のステップアップのための目標としてとらえている人も少なくありません。

保健師も助産師も看護師も、あまり違いがないと考えている人も多いのですが、実はこれだけ大きな違いがそこには存在していたのです。こうした中、助産師として活躍していく事を選択し、転職を考えている人は、転職サービスを利用する事をお勧めします。看護師から助産師、保健師から助産師など、他の職種から助産師への道を選択した場合には、さまざまな点でプロのアドバイスが必要になるためなのです。

例えば面接対策一つを取っても、看護師から看護師、助産師から助産師といった転職とは大きく異なってしまうのです。書類の書き方一つにしても、違います。ですから、転職のプロの手助けが、必要になってきます。

転職サービスは、例えばナースフルのようなところを指すのですが、こうしたところでは、職種の異なる転職についても非常に多くの情報を持っています。また、そうした実績なども多数ありますので、コツや対策などに困る事は一切ないのです。

異なる職種への転職ともなれば、1から教わらなくてはならない事も沢山出てきてしまいますが、転職サービスを利用していれば、そんな不安など必要ありません。安心で確実な転職のために、転職サービスの利用は非常に有効と言えるのです。

助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

看護roo 無料 首都圏・関西・東海 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★


>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】 All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集・求人サイト 就職活動 面接 志望動機
辞めたい時 [働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律