助産師の業務内容

助産師の業務内容


助産師の業務内容は、助産行為を主として、妊婦および産婦、新生児に対する保健指導やケアなどを行う事とされています。病院勤務の助産師の場合には、ほとんどが医師の補助的役割となり、助産師が主体となって助産行為を行うといった事は、あまり多くありません。

また、病院勤務の助産師の場合には、雑務などが多くなっており、助産師本来の業務とはかけ離れた事ばかりだという声が多く聞かれます。一方、助産院などを開業している助産師の場合には、こうした助産師本来の業務が十分に行え、出産の開始から新生児を取り上げるまでの全ての過程が任される事となり、非常にやりがいを感じられると言えます。同じ国家資格を持った助産師でありながら、ここまで業務内容およびやりがいに至るまで異なっているという現実は、当の助産師本人たちが一番ショックを受けている事だと言えます。

特に、病院勤務の助産師にとっては、あまりにもやりがいのない業務内容に、転職を考える人も出てくるかもしれません。そのような場合には、転職サービスを利用する事をお勧めします。転職サービスでは、一般には公開されない非公開求人情報と言ったものも扱っているのです。こうした非公開求人情報の中には、非常に高待遇あるいは好条件といった求人情報が多く含まれており、助産師に関する求人情報も多数あるのです。

ですから、やりがいがなく転職を考えている助産師には、こうした優良求人情報の中から、助産師として満足できるような業務内容を提示している職場を見つける事をお勧めします。また、なかなか時間が取れない助産師ですから、プロのコンサルタントに転職先探しを依頼してしまうという方法も良いと言えそうです。転職サービスのコンサルタントは、転職に関するプロですから、きっと満足できる転職先を見つけてくれるはずなのです。

転職をしてでも、助産師として本来行うべき業務内容が行えるという職場を見つければ、きっといつまでもそこで活躍し続けられるのだと言えそうです。待遇だけにとらわれて高待遇が売りの病院に勤務しても、一時的には満足ができても、助産師として活躍できない現場では、きっと長続きはしないでしょう。

転職サービスを利用して、業務内容が助産師として活躍できるものである事を確認して、転職してはいかがでしょうか。医師の補助役で良いのなら、何も助産師にならなくても、看護師でも良かったのです。助産師なのですから、助産師として活躍できる場へ転職しましょう。

助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

看護roo 無料 首都圏・関西・東海 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ★★★★


>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 助産師・求人募集ランキング【人気No.1転職サービスはココだ!】 All Rights Reserved.
[基本情報] 助産師とは なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 やりがい 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 募集・求人サイト 就職活動 面接 志望動機
辞めたい時 [働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律